読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーデグーの飼育日記

ブルーデグーの女の子を迎えました。日々の様子を綴っています

ペレットってどのくらいあげたらいいの?

デグーは草食なので、メインはチモシーを食べるんですが、

体内でビタミンCを作ることができません。

 

チモシーだけではビタミンCは摂取できないため、何かで補わなければいけません。

そこで私はペレットを与えています。

 

今はSANKO デグー・プラス 600g を与えていますが、一体どのくらいの量をあげたらいいんだろう??と疑問に思い、袋の後ろを見てみました。

 

説明書きとか面倒くさいので、適当にこれくらいかな~ なんて与えていましたが 

それじゃいけない!とよくよく読んでみました

 

フムフム・・・

 

一日に与える量は、体重に対して約10~15%を目安にしてください

 (体重100gに対して10~15g程度)

 

なるほど~。

サクラは97gだから、約10gくらいですね。

 

で、10gがどの位かといいますと

f:id:xkoron:20161018195540j:plain

 

手のひらに乗せてみると

f:id:xkoron:20161018195940j:plain

割と多い!

 

仲良くなるために ペレットはおやつ作戦をしているため こんなに与えていないかもしれないです。

デグープラスは大きいので、一粒食べるのにもとても時間がかかります。

 

でもまぁ これだけ食べないとビタミンCが確実にとれない!ってなことはないと思うので、10グラム以上は与えないようにしよう という目安にしよう思います。

 

 

デグープラスの裏の説明書きには

ビタミンC不足からくる、毛づや不良や脱毛、食欲不振、関節痛やストレス障害等から体をサポートします

デグープラス100g中、ビタミンC100mg含有

 

 とあるので、10gでビタミンCは10mg とれることになりますね。

しかしいったいデグーは一日どれくらいのビタミンCを必要としているかは わかりませんが、 

このデグープラス は 体重100gに対し一日10mgのビタミンCを摂取させましょう と思っているんですね。

 

 

●主な原材料

 チモシーミール、小麦粉、アルファルファミール、脱脂大豆、セルロース

 ビール酵母、タンポポ粉末、オオバコ粉末、食物繊維状多糖類、公募発行副産物

 ミネラル類、安定型ビタミンC、ビタミン類、アミノ酸類

 

●成分

 粗タンパク質・・・15.5%以上

 粗脂肪・・・・・・2.5%以上

 粗繊維・・・・・・24.0%以下

 粗灰分・・・・・・10.0%以下

 水分・・・・・・・10.1%以下

 

 

なるほどね~(なにがなるほどか わかりませんが)

よく見るって必要な事なのね と思いました。

f:id:xkoron:20161018201257j:plain

なんでもいいから

そのおいしいの 早くください!

 

デグープラス 大好きでよく食べます。